スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

睡眠時間短縮研究

眠りを引き起こす働きが知られるホルモンの一種「プロスタグランジンD2」(PGD2)の受け皿となる脳表面のたんぱく質(受容体)を作用させなくすると、睡眠時間が短くなることを、大阪バイオサイエンス研究所(大阪府吹田市)の研究グループがラットを使った実験で確認した。居眠り防止薬の開発にもつながる成果だとして、18日から京都市で開かれる国際生化学・分子生物学会議で発表する。
PGD2は、脳の周囲を覆うくも膜から分泌され、くも膜と脳の間を流れる脳脊髄(せきずい)液中に微量に存在する。研究グループはこれまでに、PGD2をラットの脳に投与すると、受容体からアデノシンという神経伝達物質が発生し、それが睡眠を誘発することを突き止めている。しかしどうすれば睡眠を抑制できるかは確かめられていなかった。
実験では、脳のうち受容体が集中して存在する「前脳基底部」という部位に、受容体を作用させなくする薬の水溶液を6時間にわたり微量に投与し続けた。すると、薬の濃度が高いほど睡眠時間が短縮。ラットが通常睡眠に入る昼間で、睡眠時間は通常1時間あたり約40分だったのが20〜25分まで減少した。
 
今までは睡眠についてもわからないことが多かったわけだが、睡眠の「原因」に近づいていく研究には注目が集まるところである。実際に睡眠を短縮できても、体力が回復できるのかどうかが疑問視されるが、恣意的に睡眠の短縮を図る事が社会的にどのような影響を与えるのか、社会科学の観点からも研究が必要であろう。
もしかすると「睡眠短縮」というよりは「不眠治療」の光になるのかもしれない。不眠に悩む人を助けることの方が、睡眠を効率的に減衰させることよりも大切ではあろう。いずれにしろこの研究が進めばその両方のアプローチが可能になると考えられる。
| 化学 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(1) |

「この布団で血液サラサラに」=医師装い検査

高齢者宅で医師を装い血液検査し、健康状態が改善されるなどとうそを言って高額寝具を販売したとして、京都府警生活環境課などは9日、特定商取引法違反(不実の告知)と医師法違反(非医師の医業禁止)の疑いで寝具販売会社「オカベ」(福知山市)社員寺田春治(50)=福知山市堀=と寝具製造会社「サンヨー物産」(大阪市淀川区)社員足立和生(45)=奈良県平群町西宮=両容疑者を逮捕した。寺田容疑者は否認、足立容疑者は認めている。
 調べによると、寺田容疑者らは昨年9月から11月にかけ、寝具売買契約の勧誘をする際、「バイタルチェック」と称する血液検査を実施。「赤血球がくっついているから健康に良くない。この布団で休めば血液がサラサラになる」などとうそを言い、福知山市の高齢者夫婦などをだまし、計約115万円の布団を売り付けた疑い。足立容疑者が医師役となり、お互いを「先生」と呼び合っていたという。

バカも休み休み言えと言いたい。
scienceとしてここに取り上げるのは気が引けるが、あまりにお粗末な言い分だ。高度文明社会などと言っても、人間の愚かさは全く古典を出ていない。こういうところにまで科学万能主義思想がはびこっているのだろうか。騙される側を責める気にはなれないが、騙す者を許すことは出来ない。
ふざけたことは金輪際やめることだ。 
| 化学 | 17:54 | comments(2) | trackbacks(0) |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM