スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 最新科学情報blogスタート | main | H2Aロケット打ち上げ延期 >>

科学技術基本計画

科学技術基本計画は1995年に制定された「科学技術基本法」に基づき策定が義務付けられている。この目的は基礎研究から開発研究まで積極的な投資で科学技術を振興し、主要先進国に比べて弱いとされる研究開発投資を底上げすることである。基本法は5年ごとに政府が科学技術基本計画を策定することが推し進められている。

予算面では、第1期計画(96〜00年度)の研究開発投資総額は17兆円、第2期計画(01〜05年度)には24兆円が投じられた。06年度からは第3期計画がスタートする。財政的には25兆円の確保が見通されており、その内容はライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー、材料が重点分野になっている。今期は研究人材育成等の長期的展望に立った予算も編成されており、スーパーコンピューター、宇宙開発と共に将来の日本の科学技術振興への布石が打たれている。併せて基礎研究の重要さに鑑み、成果の現れにくい分野への投資にも一定の配慮がなされている。
| 科学政策 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 18:36 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/2

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM