スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 中国の科学技術者 | main | 異物認識・攻撃誘導 タンパク質の免疫解明 >>

ES細胞培養−パーキンソン病克服へ光明

動物由来の培養成分を使わずに、ヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から高い効率で神経細胞を作り出すことに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)と京都府立医科大の研究グループが世界で初めて成功した。従来の動物成分を使った培養は感染症などの危険性が指摘され、人への臨床応用のために解決が求められていた。パーキンソン病患者への神経細胞移植など再生医療に道を開く成果。6日の米科学誌「米国科学アカデミー紀要」(電子版)で発表される。
京都大再生医科学研究所が国内で初めてヒトES細胞を作成しており、そのヒトES細胞を使った研究論文の第1号となる。
ES細胞の培養には増殖や分化を助ける何らかの成分が必要で、研究グループは既に、マウスの骨髄由来細胞を使い、サルのES細胞から神経細胞を作ることに成功。ヒトES細胞から神経細胞を作るため、胎児を包む「羊膜」を活用し、従来は不可能とされていた動物成分を使わない培養に成功した。羊膜は得やすく、外科などでの臨床応用で安全性は確かめられているという。
羊膜を薬剤処理して、ヒトES細胞を培養したところ、2週間で全体の9割以上が神経細胞になる前の神経前駆細胞に変化。さらに、約4週間の培養で、神経前駆細胞の約4割が成熟した神経細胞になり、うち3割がドーパミンを放出する神経細胞に分化した。また、運動神経細胞や水晶体細胞などを作ることにも成功したという。
パーキンソン病は、ドーパミンを作る脳の神経細胞が機能を失い運動障害が起こる難病。国内の患者は約10万人とされ、ES細胞からドーパミン神経細胞を作り移植する治療法が期待されている。治療法の確立には、サルを使った前臨床試験の後に、人の臨床試験が必要となる。

不治・難病と言われたパーキンソン病の方々にとって確かな朗報である。これから臨床期間を経なくてはいけないのだが、ヒトES細胞の培養成功は医学全体にとって革命的とも言えるだろう。ES細胞は様々な器官の可能態であるから、パーキンソン病に限らず、多くの病に対処していくことが可能となろう。

一方でこうした「ヒト」に関わる技術は高まれば高まるほど、「倫理」との競合が起きてくるのもまた事実。科学と倫理・宗教・哲学が最高度に調和した社会を望みたいが、課題は双方に山積であろう。それと「カネ」の問題もある。高度細胞医療(私が勝手にそう呼んでいる)には当然、相応のカネが必要になろう。細胞がカネで取引されることも資本主義社会では当然のことであるが、そうした細胞やそこから造られた臓器器官の取引きに関しては人間が一定のルールを定めておく必要があるだろう。出来うることなら、こうした人間そのものの取引に関して醜いトラブルは目にしたくない。

ともあれ、こうした技術の発展は嬉しいものだ。人間に対して更に「選択肢」を広げてくれる。今後の研究・臨床の結果を見守りたい。
| 医学 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 10:14 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/22

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM