スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 睡眠時間短縮研究 | main | 血液開発 >>

脳内に腹時計

マウスの脳内に、周期的に餌を探す行動をつかさどる「腹時計」が存在することを米テキサス大の柳沢正史教授らが突き止め、31日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。
同様の時計は人にもあるとみられ、食行動とかかわりの深い肥満や、内臓脂肪型肥満に高血圧などが重なる「メタボリック症候群」の治療法開発などにつながる可能性があるという。

マウスは本来夜行性で、昼に眠り、夜に餌を食べる。ところが、昼の決まった時間にだけ餌がある状態に置くと昼夜が逆転、餌の時間の直前に活発に餌を探すようになる。昼夜を刻む通常の体内時計が、腹時計に取って代わられると考えられるが、腹時計が脳のどの部位にあるかは謎だった。
柳沢教授らは、昼夜逆転させたマウスの脳を詳しく調べ、「視床下部背内側核」と呼ばれる部位で、餌の周期に合わせて時計遺伝子が活発に働いていることを突き止めた。マウスを絶食させても遺伝子は餌の時間になると活性化したことから、この部位が餌の時間を覚える腹時計として働いていると判断した。

基本的に生物の行動を決定付ける器官が「脳」であることを疑う者は少ないだろう。こういった「新発見」も予測の範囲内であることはさほど反論はあるまい。ところでメタボリック症候群と言われているが、考えてみると北朝鮮の人民にそういった人間は将軍を除き皆無であろう。食べ物がなくては「メタボリック」も何もない。単純に科学や医学の問題だけではないということが明らかであろう。統計的に見るならば、メタボリック症候群は自己抑制機能に乏しい「資本主義病」とでも言えるかもしれない。果てのない物欲を追いかけることによってはまる一種の病気である。世界では逆に飢餓の危機も散見される。「メタボリック症候群」と「飢餓」は表層的には対照を為しているが、その原因とするところは科学の外の問題であるように思えてくる。どちらも人間が人間らしく健全に生きていくための障害である。ただ言える事は、「メタボリック症候群」の方はより贅沢病に近いということであろう。

今回は科学からのアプローチではない、毛色の違う話になってしまった。
| 科学 | 10:29 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 10:29 | - | - |
Comment
そうですねぇ。たしかにあそこ(北朝鮮)は、将軍以外にそんな症候群に掛かっている人はいないようですね。たらふく食っているのは将軍とそのファミリーしかいないらしいですからね。国民の大半は飢餓で苦しんでいるというのにね。
「メタボリック症候群」って仰る通り贅沢病に近いですし、美食と偏食をやめて粗食と運動をみんながするようになれば、メタボリック症候群にかかる人が減っていくのではないかと思いマスが。
2006/09/18 4:28 PM, from 銀鏡反応
コメントを放置状態にしてしまい本当に申し訳ありません。

メタボリック症候群は記事中にも書きましたが、食料が充足している国家にしか起きないものだと思うのです。
病気と言うよりは自己管理の弱さに起因する部分が少なくないと考えます。
2007/04/02 11:58 AM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/25
ある休職体験記 蝕まれる心、企業生き残りの代償
IT関連のシンクタンクに勤めるネットワーク技術者の垣田務(仮名、34歳)が会社を休みがちになったのは、新しい部署に異動してちょうど半年たったころだった。新部署で垣田は、顧客企業向けにシステム構築の提案をする担当となった。業務が嫌なわけではない。しかし、「
2007/03/18 6:03 PM, from うつ病 休職 お助け部屋

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM