スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< マゴットセラピー(ハエ幼虫による治療法) | main | 火星に水? >>

これで毛の悩みは終わるか。

 毛髪は、皮膚の傷が治る過程でも自然に再生して生えてくることを、米ペンシルベニア大医学部のグループが動物実験で突き止めた。脱毛症の新たな治療法の開発につながる成果で、17日付の英科学誌ネイチャーに発表される。
 同大の伊藤真由美研究員らは、毛が生えそろった大人のマウスの背中の皮膚を1〜2平方センチほど切り取って経過を観察。表皮がふさがった時の傷が直径5ミリ以上の大きさだと、中心部から毛が生えてくることを確認した。皮膚の内部では、毛根や毛根を包む「毛包」が新たに作られていた。
 この毛包を分子生物学的な手法で調べたところ、周囲にある普通の表皮細胞からできたことが判明。いったん分化した大人の表皮細胞にも、新たな毛包を作る能力があることが確認された。また細胞増殖にかかわるたんぱく質の量を調整して、毛包の数を増減させることもできた。
- 読売新聞 -

 毛がないという悩みは当事者にとって深刻な悩みである。TVでも毛髪再生に関するコマーシャルの多さは目を引くところだ。今回の研究成果は誰も損をすることのない希望の光を感じるものだ。表皮細胞から毛包を作り出すことができるようになると、皮膚さえあれば毛が復活するということを意味することになるのだろう。まだまだ臨床に至っている状況ではなさそうだが、いち早く研究開発がなされ、世から不毛?!な悩みを撲滅する契機になってもらいたい。

 それにしても明るい。極めて明るい話題であると言ってよかろう。
| 医学 | 17:42 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 17:42 | - | - |
Comment
ええっ、本当なんでしょうか?? これってすでに毛穴が塞がってしまっていても大丈夫(というか無関係?)ということですよね??

もし、そうならすごいなあ(笑)。薄毛で悩んでいる男性はもちろんですが、女性も歳をとるにつれて毛髪は薄くなっていきますから、ありがたいお話ですね。むしろ、頭髪が薄くなる悩みは男性より女性の方が深刻かも知れませんから。(^^)

でも、まてよ…ということは、美容整形とかで「永久脱毛」って言うあれはウソかも知れないと言うことか??(^^;
2007/05/18 9:50 AM, from kyao
毛穴が塞がっても大丈夫だと思いますよ。毛包の再生というのは素晴らしい研究ですよね。

>永久脱毛はウソ?

そうですね。生えてこないようにすることは可能だと思いますが、逆に言えば、そうなってもまた生えさせることもできるようになったということでしょうかね。

可能性が広がるのは良いことかもしれません。
2007/05/21 5:09 PM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/31

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM