スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 火星探査のシュミレーション実験被験者募集 | main | 北半球の降水量増加、人為的活動が影響 >>

新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発 揺れ「限界」の2・5倍

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で観測した今回の地震の揺れの強さ(加速度)が、耐震設計の基準となる「限界地震」のレベルを最大で約2・5倍上回っていたことが16日、東京電力の調べで分かった。経済産業省原子力安全・保安院によると、原発で経験した地震の揺れの強さとしては過去最大とみられる。甘利明経産相は17日未明、東電の勝俣恒久社長を呼び、安全確認されるまで運転再開を見合わせるよう指示した。

 今回の地震で同原発が観測した最大加速度は1号機の基礎部分で暫定値ながら680ガル(ガルは加速度の単位)。設計時に想定した273ガルの約2・5倍に達した。5、6号機でも想定値を軒並み超えた揺れを観測した。原発の設計にあたっては、最大の被害をもたらす地震「設計用限界地震」と「設計用最強地震」を想定。同原発の設計用最強地震は、北東に約20キロ離れた内陸の気比ノ宮断層で発生するM6・9の地震を想定していた。しかし、今回の地震の震源は、発電所から北に約9キロの海域、深さ約17キロだった。保安院は「地震波に応じて分析し、耐震評価していきたい」として、同社に詳細な分析結果の報告を求めるとともに、設備の耐震安全性を再確認するように指示した。

 同原発では、地震が起きた直後の午前10時27分ごろ、3号機の原子炉建屋とタービン建屋に隣接した所内変圧器から出火し、正午すぎに鎮火。運転中だった3、4、7号機と、原子炉起動中だった2号機が自動停止した。6号機では、原子炉建屋3階にある放射線非管理区域内に、放射性物質を含む微量の水が漏れ、一部が海に排出されたことが確認された。排水量が少なく環境への影響はないという。甘利経産相は、勝俣社長に対し、これらトラブルへの対応と国への報告が遅いと厳しく批判した。
-産経新聞-

 設計に完璧ということはありえない。それは原発においても同様であろう。だが、やはり原発での事故は起こってはならない。例え今回のような想定外の大地震が起きても…である。原発は「人間のために」発電をしているのであって、事故によって人間に大惨事をもたらすようなことがあってはならないと信ずる。巨大地震のような想定外の災害に対処していくということは、人間と自然との間断無き戦いということになるだろう。
 それにしてもこのような大地震を人間は教訓にできるであろうか。矛盾するようなことを言っているが、想定し得る最大限の揺れの基準値を2.5倍も上回る地震規模に人間は果たして「常なる安全」を提供できるであろうか。地球の動き(自然)は人類の想定を常に超えて起こってくるものである。不安は常にそこに横たわっている。
 今回はごく微量の放射線を含む水が流出した「程度」であると東電は認識しているようであるが、果たして不幸中の幸いだったのか、それとも原発の安全性の限界を認識せざるを得ない事件であったのか、大量エネルギー消費時代を生きる我々人類が抱える大課題である。
| 科学政策 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 09:51 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/38
柏崎刈羽原発が地震で火災 柏崎刈羽原子力発電所から放射性物質含む水が漏えい
柏崎刈羽原発が新潟県中越沖地震(震度6強の地震)により火災、建物からは黒煙が上がり、さらに放射性物質を含んだ水漏れが発生したことも分かった。
2007/07/17 2:36 PM, from 柏崎刈羽原発が地震で火災 柏崎刈羽原子力発電所から放射性物質含む水が漏えい

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM