スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< H2Aロケット打ち上げ延期 | main | メンデルの法則 >>

H2Aロケット打ち上げ成功

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)を搭載するH-IIAロケット8号機が24日、種子島宇宙センターの大型ロケット発射場より打ち上げられた。H-IIAロケットの打ち上げは、昨年2月26日の7号機以来およそ11カ月ぶり。

「だいち」は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源探査などを目的とする地球観測衛星。重量約4tの大型衛星となっており、打ち上げには長ノズルの採用で推力が向上したH-IIAロケット8号機が使用されている。

ロケットの打ち上げを成功させるには様々な要因が必要である。「打ち上げる」という物理的課題もその一つ、そして「衛星の順調稼動」も欠かせない。打ち上げたはいいが、モノが機能しないのでは無意味だからだ。予算も膨大である。06年からの5年間での科学技術振興のための予算は25兆円という途方もない額が計上されている。科学技術に対する国民の血税の負託が、国民益・世界益へと転換されることが期待されている。
| 科学政策 | 09:30 | comments(5) | trackbacks(3) |

スポンサーサイト

| - | 09:30 | - | - |
Comment
突然で恐縮ですがご招待です
「H2Aロケット/陸域観測衛星だいち」に関するクイズを作りました。
「今回の「陸域観測衛星」は約4トン。では日本初の人工衛星「おおすみ」の重さは? 」
というタイトルの記事です。
解答の選択肢は □2.4kg □24kg □240kg の3つ
正解は→ http://q-q.at.webry.info/200601/article_68.html
 他にも「雑学クイズ」が330問以上あります。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)
2006/01/25 10:41 AM, from 素町人@思案橋
仰るとおりですねー。
科学の発展はその国の文化に欠かせないと私も思うのですが、「また失敗」というニュースを聞かされる度に「どれだけのお金が無駄になったんだ?」と思わざるをえません。
無論、失敗から学ぶことも多いのですから、それも必要なのですが、やはり「身の程」というか、限度もあるわけで…。
いずれにせよ、今回の成功はまずまず喜ばしいです。この調子で、宇宙開発にも拍車が掛かるといいんですが。(^^;
2006/01/25 1:12 PM, from kyao
素町人@思案橋さん、はじめまして。コメントをありがとうございます。早速拝見させて頂きますね。

kyaoさん、科学発展のための財政と言うのは「組める国しか組めない」んですよね。今回のようなある種実用的な衛星を打ち上げることにはそれなりに理解も得られるでしょうが、例えば「大規模な宇宙開発します」というとそれはやはりどうなんだと…。もっと間近の問題があるんじゃないのと。そういう意見があっておかしくありませんしね。
ともあれ、今回打ち上げに成功したことはとても喜ばしいことだと思います。
2006/01/26 10:25 AM, from Meishi
H2Aロケットの打ち上げが成功して、本当に良かった。まずは素直に祝福したいと思います。
それにしても科学発展の為の予算は、組めるクニしか組めませんよね、本当に。

もし今回も失敗したら、その予算の全てが吹っ飛びますもんね。その損失たるや、またも莫大な額になることは間違いありませんものね。やはり国民の血税からの予算ですから、もうこれ以上無駄にしたくないと当局も思ったのでしょう。その思いが通じたのか、今回は目出度く打ち上げ成功と相成りましたよね。
2006/01/27 9:04 PM, from 銀鏡反応
銀鏡反応さん、科学の発展は予算上「国民の理解を得ること無し」に成立し得ない部分が少なくありません。技術開発でもとにかく金がかかります。プロジェクトが大きければ大きいほどそうなります。その意味で科学の発展を支えているのは国民であると言っても過言ではないでしょう。
国民は自分の税金がどのように使われているかと言うこともきちんと把握する必要もあるんですよね。科学の発展が人類の未来に貢献できることを期待したいです。
韓国の細胞捏造事件はそうした観点からすると、非常に残念なものでした。
2006/01/29 11:44 PM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/4
今回の「陸域観測衛星」は約4トン。では日本初の人工衛星「おおすみ」の重さは?
●●★●●●● 問題:「H2A、陸域観測衛星打ち上げ成功 円軌道に投入」(Sankei Web 050124) http://www.sankei.co.jp/news/060124/sha043.htm ●H5N1型ロケット、ちがったH2A型ロケットによる観測衛星の打ち上げが成功しました。おめでとうござい
2006/01/25 11:23 AM, from 町人思案橋・クイズ集
衛星「だいち」
 「木枯らしとだえて/ さゆるそらより/ 地上に降りしく/ 奇しきひかりよ」。唱歌「冬の星座の」一節ですが、冬の夜空にはオリオンの三つ星がきらめき、シリウスが最も明るく輝きます。地上での「ライブドア事件」の騒々しさに耳目を奪われている間に、24日の晩
2006/01/26 6:05 PM, from 七五白書 (しらけないために)
H2A打ち上げ成功
『毎日新聞(06/01/25)』 H2A 成功を重ね信頼性向上を  地球観測を目的とする陸域観測技術衛星(ALOS)「だいち」を搭載したH2Aロケット8号機が鹿児島県・種子島から打ち上げられた。「だいち」は予定通り、地球を南北に周回する軌道に入った。  宇宙
2006/01/27 12:43 AM, from =社説は語る=

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM