スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 気候変動により地中海の水温が上昇、海洋生物へ影響も | main | ヒトの皮膚から人工多能性幹細胞を作製、日米の研究者が成功 >>

ペルー南部に隕石が落下、住民らが体調不良を訴える

 隕石の落下ニュースが飛び込んできた。直撃した人などはなく死人は出なかった。ただ、現場を訪れた周辺住民や警官が付近で発生した有毒ガスらしきものを吸い込んで気分を悪くしたようである。健康に別状がないことを願うばかりだ。

 さて、隕石といえば宇宙の謎を含んだ物質でもある。早速質量解析にかけられることと思うが、発生していたガスの正体をはじめとして、隕石の組成が気になるところである。大気圏を通過しても燃焼し尽くさなかったほどだから、それなりのサイズと構造的特徴があるはずだ。隕石は大概の場合、海洋に落下して人間の気付くところとはならないのだろうが、今回のように地表に落ちてくると得がたき分析機会として歓迎されることもあろう。宇宙の始まりや多くの謎を解くヒントが見つかることを期待したい。
 
 ともあれ、隕石はどこに落ちてくるのかわからないことと、常にそうした危険性に人間がさらされてしまうということが問題である。今回は幸いにも死者が出なかったが、こうしたことで命に及ぶ事件になることがないように祈る他はない。
| 天文 | 16:32 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 16:32 | - | - |
Comment
出来の悪いSF映画とかだと、そのガスは実は謎の侵略者からの攻撃だったりするんですけど(笑)。(^^;
当初、私は隕石が衝突した際に地殻の一部に亀裂が出来、そこから地下のメタンガスとかが吹き出したのかなみたいに思っていたんですけど。
でも、現地の動画を見ると、水たまりからガスがぶくぶく吹き出しているという感じではないんですよね。やっぱりここは、隕石の衝突の際に発生した熱で、周囲の岩石が溶けたときにガスが発生したと考えるべきなんでしょうか。
どちらにせよ、場所が場所だけに続報が入るようには思えないんですよね(笑)。しかも南米でしょ? UFOの目撃情報が多いという話ですから、いきなりUFOや宇宙人の仕業にされそうな気がします。(^^;
2007/09/20 9:22 AM, from Kyao
>出来の悪いSF映画

ありそうですね、確かに。ゲームとかにもありそうな気がします。
気になるのは、ガスの正体と隕石自体の組成ですね。

>続報

気長に待つのが一番かもしれません。隕石に細菌でも細胞でも何でもいいので、生き物がいないかなと期待したりしていますが、どうでしょうか。
2007/09/21 10:55 PM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/45
ペルー 2007/09/13~09/19
ペルーについての最近の情報です。
2007/09/19 7:59 PM, from (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第四倉庫 旅行

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM