スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< ペルー南部に隕石が落下、住民らが体調不良を訴える | main | 「ツリーマン」を救え、インドネシア政府が医療チーム結成 >>

ヒトの皮膚から人工多能性幹細胞を作製、日米の研究者が成功

 技術革新は止まらない。
 喜ばしいニュースと見る向きもあるだろうが、私個人としてはこうした研究が生み出した成果が「人間はパーツの集合体である」という認識を誘導しかねないものと危惧を抱く立場である。
 例えば、病気の治療のために臓器を移植するにしても、自己の皮膚細胞から培養した「新臓器」があれば、拒絶反応などなく安心して移植も可能になるということだが、果たして「臓器が壊れたから取り替える」という発想が人体に対してまかり通る現実は人間として「まとも」なのであろうかと思うのである。これは決して技術の進歩を嘆いているのでもなければ、危険視しているのでもない。「技術の進歩に人間の精神が追いつかない」状況を恐れているのである。

 耐え難い苦痛を除いたり、生命の維持のためにどうしても臓器移植が必要だったりすることは確かにあるだろう。目の病気で失明しても、新たに自分の目を人工多能性幹細胞から作り出し、入れ替えることが出来るとなれば朗報には違いない(現状では脳神経と視神経の接続は容易ではないから、これにはしばらく時間がかかるであろうが)。とてつもない技術である。思わぬ病気や怪我で臓器を失った人にも希望が見える気分にもなるはずだ。

 しかし、人間はパーツの集合体などではないという認識を忘れてはならないということを主張したい。パーツという考え方は人間生命を物質視し、客体化してしまう危険性がある。いささか「細胞科学」を論ずる趣旨とは異なるのだが、生命を物質視することの果てに待っているものは、相互尊重とは真逆の「相互利用」であり、人間同士をアイテムとしか見ない精神的凋落を誘発しかねない危険性を孕んでいるのである。
聞くところによると、日本人が己の不養生によって欠損した肝臓や腎臓を取り替えるべく、東南アジアなどで臓器提供者を探し買い付けているのだそうだ。相当に乱暴な手術で摘出を図るために、後遺症を残す人も多いのだという。下手をすれば死んでしまうではないか。私は同じ日本人がそのような行動に出ていることに心を痛めるのであるが、つまるところ、そうした行動というのは「人間を物質視」する精神性から発しているものに違いなく、生命の尊厳というものを非常に軽視した結果であるものだと考えるのである。

 技術革新のスピードに人間の精神性が追いつかなくなる時、また悲劇は繰り返す。原子爆弾は大量破壊兵器であったが、こうした生命に関わる技術は何を壊していく可能性があるだろうか。このような課題を我々人類が的確に把握していくことも、技術革新と共に強く求められているように感じてならないのである。つまり「倫理を科学する」ような本格的なシンクタンクというか、学問というか、ラボラトリーというか、そういった機関がどうしても必要になってくるものと考えるのである。
| 科学 | 16:47 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 16:47 | - | - |
Comment
うーん…賛成すべき部分と反対な部分とが入り交じってます。

不幸にして、事故や病気で身体の一部の機能を失ってしまった方たちには、これ以上の朗報はないと思うんです。過去に見ないほど、再生医療に対する希望が見出されたわけですから。

対してこれは生命軽視の方向にも突っ走りかねないことですよね。
虐待などはもちろん、下手をすれば交通事故などで瀕死の重傷を負わせたにもかかわらず、加害者が「使い物にならなくなったところ、取り替えりゃいいじゃん。金なら出してやるよ」
…これ、どう考えても間違ってると思います。

これは果たして法整備だけで済むことなのかといえば、そうは思えない。やっぱり人としての意識を変える必要があると思うんですよね。
2007/11/22 9:04 AM, from Kyao
>「使い物にならなくなったところ、取り替えりゃいいじゃん。金なら出してやるよ」

ありえますね。大いにありえます。
もう、こうなってくると人間が「部品」で出来ていると考えるようなもので、最低最悪なんですよね。

こんな精神の人がのさばったら、世の中真っ暗じゃないですか。ホント。

科学の長所・短所というのをしっかりと分けて教えていく必要性があるんですよね。あまりにも科学崇拝主義になっている現代に恐れを抱く毎日です。
2007/11/22 3:47 PM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/46

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM