スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 「ツリーマン」を救え、インドネシア政府が医療チーム結成 | main | <ヒトiPS細胞>バイエル薬品先に作成 山中教授抜く >>

ES細胞から網膜再生へ

 あらゆる細胞に分化する万能性を持つヒト胚性幹細胞(ES細胞)から、網膜の細胞を効率よく作ることに理化学研究所と京都大の共同研究チームが成功した。細胞移植によって網膜を再生できれば、失明の恐れがある網膜疾患の根本的な治療法につながると期待される。米科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」(電子版)に3日、掲載された。
 視野が著しく狭くなる網膜色素変性や、視力が低下する加齢黄斑変性などの網膜変性疾患は、高齢者の失明原因の上位を占める。網膜はいったん損なわれると修復が極めて困難なため、有効な治療法はほとんど確立されていない。
 理研発生・再生科学総合研究センターの高橋政代チームリーダーは「安全性の検証などまだ多くの課題があるが、10年以内に臨床応用の試験を開始したい」としている。
 研究チームはマウスやサルのES細胞を使った実験から、網膜細胞を誘導するための2種類の物質を特定。これをヒトのES細胞に使って培養した結果、網膜に栄養を供給する網膜色素上皮細胞や、光を電気信号に変えて脳に伝える視細胞を作り出すことに成功した。ヒトES細胞由来の視細胞は従来、作製効率が0・01%以下と極めて低かった。今回の手法は効率が20〜30%と飛躍的に高まったほか、感染症の恐れがある動物由来の組織を培養過程で使わない利点もあるという。
 研究チームは今回の成果を応用して、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜細胞を作る研究にも着手しており、拒絶反応のない網膜再生医療の実現を目指す。
-産経新聞-

 近年、再生医療はその注目の度合いを増している。今回の視細胞に関してはES細胞からの作成だが、やはりヒトES細胞は倫理的問題が付いて回る。この研究成果は適宜iPS細胞からの視細胞作成へと応用されることになるだろうが、なんとしても早期の実現を願うところである。
 それにしても凄い時代となったものだ。自らの皮膚細胞から人工多能製幹細胞を造り出す技術を手にする日が来たとは。他者からの臓器移植では重大問題だった拒絶反応をクリアする期待感が大きいのがiPS細胞である。人類が自らの細胞で人工臓器を自由に造り出す時代になったら、多くの苦しみから解放される可能性は確かに高まる。
 だが一方で、そうした本来は唯一性のある臓器が容易く再生できてしまうことによって、人間を物質視してしまう恐れは更に増すことになる。今や科学的知見の発達というのは、人類に対して人間存在の再定義を迫るほどの勢いと将来性と危険性を持つものでもある。科学の発展度合いに比例して、哲学や倫理が伸びてきたかと言えば、必ずしもそうではないだろう。人間はこの先、人間をどう考えていくのだろうか。科学的発展を目の当たりにする度に、そのことが私の頭をよぎってどうしようもない。
| 科学 | 11:59 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 11:59 | - | - |
Comment
こういう技術ばかりが先んじてしまうと、人間の身体そのものがパーツ化されてしまったような気がして、明士さんが仰っているように「人命軽視」につながってしまいそうで怖いものがありますね。
科学の発展は人類の未来にとって大切なものではありますが、人間自身の精神について、熟考する機会がもっともっとあって然るべきと考えます。
2008/02/05 8:18 AM, from Kyao
人命軽視に繋がる物質視が怖いですよね。人間は部品の総合体ではありませんから、細胞が再生できるようになっても、人間らしさを保てるような認識を育てられるような仕組みを考えるべきではありますよね。

>人間自身の精神について、熟考する機会

仰るとおりですね。こういう「儲からない仕事」を積極的にやろうとする人っていないんですよね。残念なことなんですけれどね…。
2008/02/05 6:18 PM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/48

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM