スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< ES細胞から網膜再生へ | main | 地震前兆・予知 >>

<ヒトiPS細胞>バイエル薬品先に作成 山中教授抜く

 バイエル薬品(大阪市)神戸リサーチセンター(昨年12月に閉鎖)の研究チームが昨年春、京都大の山中伸弥教授らのチームより早く、ヒトの「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作成していたことが分かった。すでに特許出願も完了しているとみられる。バイエル薬品が特許を取得した場合、iPS細胞の医療への応用など実用化に大きな影響が出る可能性がある。 
 作成したのは、桜田一洋センター長と正木英樹研究員、石川哲也主席研究員(いずれも肩書は当時)らのチーム。同センターはバイエル薬品と日本シエーリングの経営統合に伴い昨年12月21日に閉鎖された。チームは同日、論文を投稿。今年1月31日付のオランダ科学誌「ステム・セル・リサーチ」電子版に掲載された。
 桜田氏らは、山中教授らが06年8月にマウスiPS細胞の作成を発表した直後から、ヒトでの研究を始めた。論文によると、新生児の皮膚細胞に、山中教授らと同じ四つの遺伝子を導入し、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)と極めてよく似た分化能力を持つ幹細胞を作った。遺伝子の導入過程で使うウイルスの一つは山中教授らと異なる種類を使うなど、複数の点で独自のアイデアがみられる。
 桜田氏はセンター閉鎖後、米国の大手投資会社が設立したベンチャー企業の科学担当最高責任者に就任した。毎日新聞の取材に対し桜田氏は「バイエルとの秘密保持契約があり、作成に成功した時期や特許出願については明らかにできない」と話しているが、「センター閉鎖のため、実質的な研究は昨年10月下旬に完了した」(桜田氏)ことや、iPS細胞の培養期間が約200日と論文に示されていることなどから、遅くとも昨年5月上旬には作成に成功したと推定される。一方、山中教授と米・ウィスコンシン大の各研究チームは昨年11月、ヒトiPS細胞作成を論文で発表した。山中教授らが成功したのは、過去の発言などから昨年7月ごろとみられる。
 桜田氏は「山中教授のマウスiPS細胞という独創的な成果が最初にあった。実用化には、高い技術を持つ日米の協調が不可欠で、良好な関係を築くために私も精いっぱい努力したい」と話している。
-毎日新聞-

 個人的にも注目度の高いiPS細胞に関する驚くべき発表である。実験成功という事実自体は非常に喜ばしいものだが、こうした「人類の技術」が仮に独占されるような仕組みを持ってしまった場合、特許保有者の利益以上に人類益を損失しかねない事態となる。研究開発には膨大な経費がかかったであろうからその回収は当然認めるとしても、技術を必要とする患者が多大な負担を強いられたりするのは許されることではない。
 iPS細胞に関する特許が人類に何をもたらすか。その動向を注視しなくてはならない。
| 科学 | 12:08 | comments(8) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 12:08 | - | - |
Comment
すでにso-net blogでレスを付けさせて頂いていますが、こちらではもう少しだけヲタクなお話をさせてください。(^^ゞ

厳密な意味で「遺伝子」と「DNA」は違いますよね?
ヒトゲノムを調べていくと、そこら中に今は使われていない遺伝情報が山のように存在するらしいです。
それらの多くは、現在は使われていないたんぱく質の合成情報だったりするようなのですが、一部の学者に言わせれば、それらは今は絶滅してしまったウィルスに対する抗体を作るための情報なんじゃないかと言う話です。

その真偽についてはまだ憶測の域を出ませんが。
ただ、それらの情報がウィルスを元に作成されたものとすれば、(ウィルスが直接もたらしたものではないにしても)外的因子によって遺伝子が操作されたことを物語っている訳です。
無論、それが生物の進化の源となったという点はあるわけですが。
今回の研究は、それを人工的に行おうとするわけです。しかもそのウィルスはいわば「能動的に遺伝情報を書き換える」目的で製作されると。
つまり、自然発生的に生まれたウィルスより、私たちの遺伝子に与える影響は極めて大きいと考えるのが自然です。

後は言わずもがなですが。

一部の利益に目をとられて、大きな危険性を見逃してしまっては、科学者とはいえないと思います。
それは科学を管理する国家や社会に対しても言えるのでしょうけど。

スキャンダラスに危険性ばかりを誇張するのも困りものですが、そうした成熟さも科学の進歩には重要なことであると思います。
2008/04/14 2:05 PM, from
コメントにお名前がありませんが、おそらくkyaoさんですよね?そう仮定してレスしますね〜。

>今は使われていない遺伝情報が山のように存在するらしい

こういったものの重要性って確かにあると思います。脳内にも一見すると役割がないのでは?とされてきた「グリア細胞」なんかにも、実は記憶のメカニズムを補助したり、あるいはもっと根源的な仕組みを持っている可能性もあると指摘されたりと、科学が未解明な部分って必ずあると思われますよね。

>ただ、それらの情報がウィルスを元に作成されたものとすれば

これは実際どうなんでしょうね。それなりにウイルスの情報を根拠にしている部分もあるかとは思いますが、中にはガンの誘導因子を含んだものを使っていたりしたらしいので、あてずっぽうとまでは言いませんが、かなり大まかな予測を立てながら実験をしていたのかもしれませんよね。

>今回の研究は、それを人工的に行おうとするわけです。しかもそのウィルスはいわば「能動的に遺伝情報を書き換える」目的で製作されると。

厳密に言うと、遺伝情報の書き換えというよりは、「とある物質(臓器など)への細胞分化を的確に誘導するための因子(ウイルス)の決定が必要であり、その候補ウイルスを特定または、人工的に製造する」という研究だと認識しています。

我々が生物として細胞分裂を繰り返し、自己の臓器などを作ってきたわけですが、iPS細胞を活用するということは、すなわち万能分化性を発揮させるということであり、具体的に言えば、「必要な臓器を狙い通りに作り出すために、iPS細胞から細胞分裂を誘導していく」ということですよね。体内でそれを誘導しているウイルスを特定できたならばそれを使えば良いのでしょうし、仮に不可能なら作るということになるのでしょう。作るとなった場合には確かに人工的なものとならざるを得ないわけで、その後の影響がいかなるものなのかはしっかりと見定めなくてはいけませんよね。

>一部の利益に目をとられて、大きな危険性を見逃してしまっては、科学者とはいえない

仰るとおりだと思います。20世紀には核爆弾を科学は生み出してしまいました。今もって、この恐怖は人類を覆い尽くしている闇であると言って過言ではありません。
21世紀における科学の危険性を考えるとき、iPS細胞の研究のように「生物に直接かかわるような分野」がとんでもない事件を引き起こすかもしれないことだけは過去から学ばねばなりません。

実際に人類は数万発もある核爆弾をもてあまし、抱えきれなくなってきてもいます。何とも馬鹿な話です。使えもしない危険なものを、いつまで後生大事に抱えているのかと。

iPS細胞の研究をはじめとして、これからの科学はこうした轍を二度と踏まないという姿勢は絶対に必要だと考えるところです。
2008/04/15 2:17 AM, from Meishi
あややや。無記名レス、失礼しましたー。上記のレスは確かに私めでございます。m(__)m

>iPS細胞を活用するということは…
ES細胞や人間の卵子を用いた実験では、ある種の化学物質の濃度によって、細胞の分化が行われることがわかっています。
生まれて間もないときにはその物質の濃度が高いために心臓や目が作られ、徐々に濃度が薄まっていくにしたがって皮膚などが作られるという感じだそうです。
明士さんのお話に寄れば、それをウィルスによって行おうというのが今回の実験らしいですが、そうした「半生物」にそれら制御を行わせるというのは、どうなんでしょう?
糖尿病の治療に欠かせないインスリンを遺伝子操作した大腸菌によって作る実験がありますよね? 私はあれさえも危険な気がしちゃうんですけど…神経質すぎでしょうか。

>核爆弾
私もこのお話を伺ったとき、同じ事を考えました。
何らかの基礎研究がどういったことに応用できるかを考えるのは科学者の仕事ですが、それを応用しようとするのが政治家です。ですからそこの部分で抑止力になるというのも科学者の責務であると私は思うんですよね。
2008/04/15 9:08 AM, from kyao
kyaoさん、ありがとうございます。レスが遅くなって申し訳ございません。

>細胞分化

特定臓器を製造(成育?醸成?)するための肝細胞からの誘導方法を確立しないことには、iPS細胞にしろES細胞にしろ、何ら役立たない研究になってしまうわけですけれど、やはりkyaoさんの仰るとおり、想定外の危険性を兼ねているって言うことは確かだと思うんです。実際問題、まだ何らヒトによる臨床実験がなされたわけでもないですし、どのような事態が起きるか分からないというのが事実ですね。

こういうのって理論物理学なんかの走り方と似ているところがあるかとは思うのですが、学者の想定している理論の範疇に問題が収拾すれば良いですが、こればかりは何とも言えないところでしょう。少なくとも人命と人間の尊厳の未来がかかっていますから、慎重に慎重を重ねなくてはいけないのは間違いありません。

ところで、こうした技術的な課題はもちろんですが、仮にそれをクリアしたとして、今度は臓器をどんどん新しいものに取替え、そして皮膚も骨も取替えて、あげく、まるで永遠の生命を追うかのような思考も生まれてくることでしょう。それに的確に抗し得る確かな倫理・哲学・宗教という分野の伸張を急がねばなりません。700歳も800歳も生きる人間が出てきたら、末恐ろしいこと極まりありません。

>抑止力になるというのも科学者の責務

是非ともこのスタンスは確立してもらいたいですね。実際のところ、例えば核兵器に携わった学者達の中には一般に言う「マッドサイエンティスト」ってあんまりいなかったんじゃないですか?
プリンストン研究所のクルト・ゲーデルあたりは若干怪しい気もしますが(汗)、きっと科学者・数学者達は善悪についてそれほど明確に線引きしていたものとは思われません。シンプルにナチに対抗するためのツールとしてより強い兵器の必要性を考えたということではないでしょうか。

ともあれ、科学そのものに善悪は存在せず、携わる人間に善悪があるものと理解します。その意味では政治家でも科学者でも、その掌中にしているものが人間にどのような影響を及ぼすであろうことかについて、常に自問してもらいたいと思うわけであります。
2008/04/18 8:43 PM, from Meishi
たびたび失礼いたします。何度もレスを申し訳ありません。

>学者の想定している理論の範疇に問題が収拾すれば良いですが…
これがいちばん怖いですよね。
以前、私が自分のブログに、「鎌状血球症」と「マラリアへの耐性」が遺伝子上のサブセットになっているという話を書いたのですが、こういう遺伝子相互の関係ってまだ十分に理解されていない気がするんです。
例えば薬の副作用について、個々の薬の持つ副作用については分かっていても、複数の薬を同時に服用した際の副作用ってほとんど分かってないですよね? それと同じ危険性を常に孕んでいるような気がするんです。

>700歳も800歳も生きる人間
理論的にはありえますよね。ただ、その前に脳がダメになってしまうでしょうから、そこまで長生きしても自我が保てるかどうか…。(^^;
とはいうものの、その頃には脳の解析もある程度進んでいて、人の記憶や思考の一部くらいなら、コンピュータなどに保存できるようになっているかも知れませんね。本来、脳に蓄えられている情報は電気信号と化学変化ですから。
そうしたら、脳も新しくして情報をコピーして…と、どんどん新しいハードウェアに乗り換えていく大金持ちとか現れたりして(笑)。
でも、そういう人の思考って、今の人間と徐々に変わってくるんでしょうね。そうなったら、どこまでが人間と言えるのか…。
なんか、人間自体がガン細胞のように無限に生き続ける存在になってしまうって…ちょっち怖いです。(^^;

>科学自体に善悪はない
まったく仰るとおりではないでしょうか。
おそらく、明士さんが仰るところのマッドサイエンティストや技術者にも善悪はなく、純粋に何かを極めたいと思ってるだけなのかも知れません。ただ、マッド…については、きっと目的のためには手段を選ばずという人たちなんだろうと。(^^;
だから、同じ科学でも基礎研究に関わる部分と、それらを応用しようとする部分とで、善悪の概念って変わってくるでしょうし、そこに政治家とかが絡むと尚更面倒になってくる気がします。
例えばアインシュタインの場合、E=mc^2の物理法則を発見しましたが、それを核エネルギー抽出の基礎理論としてしまった部分、そしてさらにそれを核爆弾に応用してしまった部分。それぞれについてさまざまな問題を含むような気がします。
2008/04/19 9:26 AM, from kyao
>複数の薬を同時に服用した際の副作用ってほとんど分かってないですよね?

そうなんです。それこそ複数の薬に限ったことじゃなく、薬と食べ物の相性ですらよく分かってはいません。危険性という観点から論じる時、そうした問題は途方もない数で存在していると言ってよいでしょうね。

>脳

いわゆる、科学と老化との戦いにおいて、これが一番の課題でしょうね。脳はHDDの役割をしているのはもちろんですが、多様で分析しがたい「感情」という生物独特の仕組みも創出させています。HDDの部分であれば機械での代位は可能でしょうけれど、後者の方はそうはいきません。どんな音楽を心地良いと感じて、何を美味しいと考えるか、言われた言葉をどのように解釈するのか、明らかに万人十色の様相を示すわけです。そこは「人間の本質」という角度で収斂していく以外に今のところは理解できそうもありませんね。

>マッド

私としてはこの定義は、「目的のために人間を手段にして平気な者」を指します。科学だろうが、哲学だろうが、宗教だろうが、目的は「人間」であらねばならないと考えます。それを忘れて人間を手段にしてしまうところに悲劇があるのだと思うのです。

>核爆弾

核分裂の技術はとりあえず確立しましたが、核融合の方の研究はどうでしょうか?一時期、常温核融合の可能性について是非が問われて盛り上がった時代がありましたよね。
ま、どうもマユツバっぽいですが…。
2008/04/21 11:31 AM, from Meishi
再三再四のレス、申し訳ないです。m(__)m

>薬と食べ物
ありますねー。「緑茶と貧血の薬」「グレープフルーツと心臓病の薬」などは比較的早期に見つかったものですが、まだまだ知られていない「いけない薬の飲み方」ってありそうです。
おそらく医療従事者の間ですら分かっていないものってたくさんあって、知らずに入院患者さんたちにそのまま服用させて「医療効果が上がらない」と嘆いているケースとかもあるんじゃないでしょうか。

>脳
単なる神経細胞のネットワークと考えてしまっては説明の出来ないことってたくさんありますよね。
そう言えば近年、人の記憶を残している部分がどうも脳だけではないらしいという研究がなされています。
心臓を移植された患者さんがドナーの記憶の一部を持っていたりという話はどこでもよく聞きますが、そういう意味では神経細胞によってネットワークが構築されている部分には、程度の差はあっても、それぞれに記憶が残されていくものなのかも知れませんね。非常に興味深いです。(^^)

>目的のために人間を手段にして平気な者
なるほど。これは間違いなくそうですね。
つまりは「人間を不幸にする科学」がマッドであり、それを成すものがマッドサイエンティストということでしょうか。
先のお話とリンクしますが、となると、どの時点でそれはマッドだと定義されるんでしょうね。核爆弾のお話を例にすると、E=mc^2の方程式を発見したアインシュタインがそもそもマッドだったんでしょうか。それとも、核爆弾を完成させた科学者がマッドなんでしょうか(後者は間違いなくマッドだと思うんですけど)。

>低温核融合
あれは完全に眉唾物でしたね。そもそも電気分解と同じレベルの機器を使って中性子が放出されちゃったら、小学生の理科の実験なんて怖くてやらせておけません(笑)。でんじろう先生、放射能障害で白血病になってるかも(爆)。(^^;
核融合も従来の方法のみならず、今はレーザーを使った技術など、いろいろな方法が試されてるようです。
問題は核融合を持続させうる1兆度の温度を如何に維持するか。発生したプラズマをどうやって維持するかが焦点みたいです。
遠くない将来、軌道上に太陽発電衛星が実用化されますから、そうなったら必要なくなってしまうかもですね。うーむ…個人的にはそうなって欲しくないんですけど。(^^;
2008/04/21 1:25 PM, from kyao
レスが遅くなりました。申し訳ありません。いつも丁寧に書いてくださりありがとうございます。

こうして見てみると、論理的無謬性を備えていると思われがちの科学というものが、人間にとっていかに不完全で、対象とする分野の分析もまだまだ断片的にしか行えていないという現状が手に取るようにわかりますね。果ては善悪の判断まで見失って、人類を驚異的な危険にさらすというところまで追い込んでもいるわけです。今日の朝、歯を磨きながら強く感じたのです。「毎日核爆弾の恐怖に晒されているだよな…」と。こんな状況ではどこか精神的におかしくなって不思議ではありません。暗く悲しい気持ちになりました。
と、前フリが長いですね…。

>薬

ES細胞の話をしながら思ったのですが、この細胞が画期的なのは自己の細胞を使う故に「拒絶反応の回避が有望である」というのがあるんです。薬に関してもまだまだ人間にとっては排除されるべき異物として体が反応することが少なくありません。これは「各人にとっての薬」なのではなく、「類似症状に対するアバウトな薬」でしかないという現状のために起こることですが、仮にES細胞のような技術が薬の世界にも反映されたなら、もう少し安全性を確保できるものが出来るのかもしれません(といっても、ES細胞技術が安全かどうかはまだまだ分かりませんが)。
例えば、義足を作るなら、それはその本人専用のものをつくるわけですが、薬に関して本人専用という話は耳にしません。コストが激しくかかるということは考えられますが、本来、医療は個々人に対して向けられているわけで、技術革新がそういった分野にも良き影響を及ぼしていけるようになって欲しいですよね。

>脳

この器官は全く謎に満ちていますね。脳の仕組みや機能に関しては科学はこれからも応えてくれるものと信じます。ただ、同じ人間の脳でありながら、それぞれに差異がある「理由」を探ることはほぼ期待できそうにありません。「バカ」と言われて怒る脳と怒らない脳があるとして、その感じ方(シナプスや軸索における電気信号の流れ方??)の差異の根源をどこに求めるかという問題を考える時、科学がどれほど応えられるかは甚だ疑問です。まして、そうした各人間の感じ方は常に一定であって変化のないものなのか?という問いには「経験的にNO」であるということを私は断言しますが、科学ではそれに証明を添えて答えていくのは難しいですよね。そういった生物的フレキシビリティを分析するためのツールとしては科学はちょっと(かなり?)役不足であります。

>マッド

E=mc^2の発見者アインシュタインはマッドの席には並びそうもないと考えています。ラッセル・アインシュタイン宣言に見るように、多くの科学者はヒューマニティを備えているものです。これが完全に欠如した者がいたとして、そのような人物とは友達になりたくないなと率直に思うのは私だけではないはずです。
FF7の宝条みたいなヤツは分かりやすいマッドですね(笑)
現実世界のマッドは、例えば細菌兵器を人体実験で試していながら、何らの心的痛痒のない者(日本にもいましたね)とか、核兵器の破壊力向上を限りなく追及する者とか、そういうのを指してそう呼ぶのだなと考えています。

>プラズマの維持

これを聞くと、ほとんどお伽話でしかないような気すらしますね。一兆度…。ゼットンの火の玉ですね。そうか、ゼットンに来てもらえれば何とかなるかも(笑)

イギリスでは2025年までにでしたか、国内の一般消費電力を完全に海上風力発電に切り替えるように政治的舵を切りましたね。同じ海洋国家である日本も、同様の研究と検討をしてみるのも良いかもしれません。

何にしてもエネルギー問題は日本を悩ます根本的課題の一つです。大量消費社会を支える膨大なエネルギーは決して無限などではありません。46億年の地球の歴史のなかで、わずかここ100年足らずでその蓄積してきたものを使い切ろうとしています。人間はどうかしているといっても過言ではありませんよね。
2008/04/24 10:11 AM, from Meishi









Trackback
url: http://science-watch.jugem.jp/trackback/49

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM