スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

卵子だけから子、成功率3割=マウス遺伝子操作、実用水準に−東京農大

 マウスの子を雄の関与なく、卵子だけから誕生させることに2004年、世界で初めて成功したと発表した東京農業大の河野友宏教授らが、この遺伝子操作技術を改良し、正常な成体まで成長する割合を0.5%から約30%まで高めた。米科学誌ネイチャー・バイオテクノロジーの電子版に20日発表した。成功率は体外受精に近く、実用的な水準とみられる。
 人間を含む哺乳(ほにゅう)類は通常、魚類や鳥類と異なり、子が卵子だけから生まれる「単為(たんい)生殖(単為発生)」は起きない。研究成果は、なぜ雌雄による生殖に進化したのか、その理由の解明につながるとともに、優秀な雌が必要な乳牛などの効率的繁殖に応用が期待される。
-時事通信-

 今朝の読売新聞にも同様の記事があった。ますます「男」の役割がなくなっていく危惧を抱かざるを得ない話題。本文中の「雄の関与なく」という文言に恐ろしく冷えた感覚が背中を伝っていくのを男ならば隠せないであろう。

 話の枕はこの辺までにしておいて…。
 
 さて、生物に備わるプログラムで一番根源的なものは「子孫を残す」ことである。「子孫を残すために生きている」とすら受け取れるほど、行動パターンは一貫したものであろう。これは何故?という疑問がなじまない定理である。人間以外の生物の行動はあらゆる点で子孫継承に結びついていると言って外れていない。雄と雌の生存中の役割が分かれているのも、子孫を残すための最良の手法をその生涯の中で選択するためであると見る。だが、この実験のように卵子だけで子孫が誕生するとなると彼らが構成する社会は確実に変容を強いられるだろうし、場合によっては種が滅ぶということもあるだろう。それと、卵子だけで誕生するマウスは全て「雌」になるのだそうだ。雌だけの(あるいは雄だけの)構成社会はやはり彼らの秩序を破壊するものと想定されよう。
 遺伝子に手を加えるという行為もさることながら、生物本能としての子孫残しを作為的に達成させられてしまったら、生物の生き様は一体どうなっていくのだろうか。こうした人工的な遺伝子操作というものも、マウス側から見ればただの「天然の環境変化」に過ぎないのだろうか。マウスの立場からすれば人間は環境であろう。その環境が否応なしに自分達の存在を左右してしまうほどの「環境」なのだとしたら-人間が大地震に立ち向かえないように-彼らはあきらめる以外にないのだろうか。そんな言葉が頭をかすめる。

 それにしても脅威を感じないわけにはいかない内容の技術であることは確かだ。哺乳類ではこうしたことが出来ないと記事本文前半で安全・安心を謳っておきながら、本文末では「優秀な雌が必要な乳牛などの効率的繁殖に応用が期待される。」などと、恥ずかしげもなく哺乳類への応用を示唆している点(つまり人間にだって応用可能だということ)など、歯止めの利かない人類の身勝手さが見て取れる。
 科学技術の進歩は何のためにあるのかという倫理的観点・道徳的観点・思想的観点・宗教的観点との有機的な接続が今ほど必要な時代はないという感慨を新たにしたニュースであった。
| 科学 | 17:40 | comments(2) | trackbacks(0) |

北半球の降水量増加、人為的活動が影響

 化石燃料の燃焼に伴う温室効果ガスの排出など人為的な活動が、20世紀中の降水量の変化に大きな影響を及ぼしていたとみられることが、日米などの国際研究グループのコンピューターによる分析でわかった。26日付の英科学誌ネイチャーに発表される。

 研究グループでは、1925〜99年までの75年間の観測値を基に、温室効果ガス排出など人間の活動による影響のみを考慮した気候変動モデルと、火山からの粉じんの排出、日射など自然の影響を、人間活動に加えたモデルによる降水量の変化の違いを比較した。
 その結果、温室効果ガスなどの排出が多い北半球の中緯度(北緯40〜70度)では、過去100年間で年間降水量が62ミリ・メートル増加したうち、50〜85%が、人為的な要因とみられることがわかった。逆に、北緯0〜30度の亜熱帯、熱帯地域では、年間降水量が98ミリ・メートル減る乾燥化傾向があり、そのうち20〜40%が人間活動に伴う影響と分析された。
-読売新聞-

 世界の大都市のほとんどは北半球にあることが知られている。大都市の経済活動規模の大きさは周知の通りであるが、それは同時に二酸化炭素の排出幅が大きいということをも意味している。日々莫大なエネルギーによって我々の社会は支えられているが、大量に発生する二酸化炭素を自然が吸収するスピードが追いついていない。温室効果ガスの増大による地球温暖化が叫ばれるこの頃だが、降水量も人為的影響により増加しているという今回の報告はそれぞれ密接に連関した事象なのであろう。
 こうした地球規模での難題は、対象が巨大すぎて我々一人一人の人間にとって本当の意味での「深刻な課題」であると受け止められていないのが現状である。その故か、全く個別的な人間の欲望は抑制の効かない幼子のような様相を呈しており、より事態は深刻さを増していると考えていいだろう。20世紀から21世紀にかけての世界気候の激変は、まさに「タガ」の外れた人間の欲望が形を変えて噴出してきたものである。人類は環境の悪化を防ぎ現状からあるべき姿に回復させるには「優れた技術の到来」を期するしかないという態度に終始してしまうのであろうか。
 いや、それではあまりに失うものも大きい。取り戻さねばならぬのは環境であるのは当然として、環境と一体不可分の存在としての本来の人間性そのものではないだろうか。科学が発達して分析が緻密になることは大いに結構なことである。そして同時になされねばならないことは、人間が人類の課題を直視し、自己の態度を改めていかんとする心構えであり、その小さな歩みを実際に一歩踏み出して具体的な行動に還元していくということであろうと思われるがいかがであろうか。
| 科学 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

新潟県中越沖地震 柏崎刈羽原発 揺れ「限界」の2・5倍

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で観測した今回の地震の揺れの強さ(加速度)が、耐震設計の基準となる「限界地震」のレベルを最大で約2・5倍上回っていたことが16日、東京電力の調べで分かった。経済産業省原子力安全・保安院によると、原発で経験した地震の揺れの強さとしては過去最大とみられる。甘利明経産相は17日未明、東電の勝俣恒久社長を呼び、安全確認されるまで運転再開を見合わせるよう指示した。

 今回の地震で同原発が観測した最大加速度は1号機の基礎部分で暫定値ながら680ガル(ガルは加速度の単位)。設計時に想定した273ガルの約2・5倍に達した。5、6号機でも想定値を軒並み超えた揺れを観測した。原発の設計にあたっては、最大の被害をもたらす地震「設計用限界地震」と「設計用最強地震」を想定。同原発の設計用最強地震は、北東に約20キロ離れた内陸の気比ノ宮断層で発生するM6・9の地震を想定していた。しかし、今回の地震の震源は、発電所から北に約9キロの海域、深さ約17キロだった。保安院は「地震波に応じて分析し、耐震評価していきたい」として、同社に詳細な分析結果の報告を求めるとともに、設備の耐震安全性を再確認するように指示した。

 同原発では、地震が起きた直後の午前10時27分ごろ、3号機の原子炉建屋とタービン建屋に隣接した所内変圧器から出火し、正午すぎに鎮火。運転中だった3、4、7号機と、原子炉起動中だった2号機が自動停止した。6号機では、原子炉建屋3階にある放射線非管理区域内に、放射性物質を含む微量の水が漏れ、一部が海に排出されたことが確認された。排水量が少なく環境への影響はないという。甘利経産相は、勝俣社長に対し、これらトラブルへの対応と国への報告が遅いと厳しく批判した。
-産経新聞-

 設計に完璧ということはありえない。それは原発においても同様であろう。だが、やはり原発での事故は起こってはならない。例え今回のような想定外の大地震が起きても…である。原発は「人間のために」発電をしているのであって、事故によって人間に大惨事をもたらすようなことがあってはならないと信ずる。巨大地震のような想定外の災害に対処していくということは、人間と自然との間断無き戦いということになるだろう。
 それにしてもこのような大地震を人間は教訓にできるであろうか。矛盾するようなことを言っているが、想定し得る最大限の揺れの基準値を2.5倍も上回る地震規模に人間は果たして「常なる安全」を提供できるであろうか。地球の動き(自然)は人類の想定を常に超えて起こってくるものである。不安は常にそこに横たわっている。
 今回はごく微量の放射線を含む水が流出した「程度」であると東電は認識しているようであるが、果たして不幸中の幸いだったのか、それとも原発の安全性の限界を認識せざるを得ない事件であったのか、大量エネルギー消費時代を生きる我々人類が抱える大課題である。
| 科学政策 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(1) |

火星探査のシュミレーション実験被験者募集

 6月20日、欧州宇宙機関(ESA)が火星探査の実現を目指して行われるシュミレーション実験にボランティアの被験者を募集。欧州宇宙機関(ESA)は、火星探査の実現を目指して行われるシュミレーション実験で、ボランティアの被験者を募っている。今回募集されるのは計12名。実験は約2年間にわたって行われ、限られた居住環境や携帯食など、参加者は探査船内部と同じ状況下に置かれる。
 実験を行うのはESAとロシアの生物医学問題研究所(IBMP)。極限状態における人体への影響を調査するため、520日間に及ぶ長期実験に合同で6人を派遣することを決定した。ESAは「乗組員(参加者)は極度の孤立感と監禁状態を体験することになる。地球の姿を見ることもない。われわれと乗組員との無線連絡も、行き来に40分かかることになる」と説明。
 さらに「(参加者の)選考はESAの宇宙飛行士と同様の手順で行われるものの、体力面より精神面やストレスへの抵抗力をより重視する」としている。
 シュミレーション実験は複数の段階に分けて実施される予定。来年に105日間の予備実験が1─2回実施され、来年後半から2009年前半には520日間の本実験が開始される見通し。
 米航空宇宙局(NASA)によると、地球と火星との距離は、2003年に5600万キロと過去6万年間で最も接近。最も遠い時の距離は約3億8千万キロに達する。
 申し込みフォームはESAのウェブサイト(http://www.spaceflight.esa.int/callforcandidates)で入手できる。
-ロイター通信-

 久々にかなりリアリティのある天文分野の話題である。正直な感想を言えば、「私は行きたくない(参加したくない)」ということになる。ただ、参加した人の感想は是非とも聞いてみたい。実際に火星に行くわけではないのだが、極限まで同様の状況を作り出すと謳う以上は、それによりある種の人間の極限状況がわかるというものではないだろうか。火星へのテラフォーミングのウォームアップとしてはあまりにも小さな一歩であろうが、それでも貴重な一歩である。一歩がなければ到達はない。
 
>乗組員(参加者)は極度の孤立感と監禁状態を体験することになる。地球の姿を見ることもない。われわれと乗組員との無線連絡も、行き来に40分かかることになる

 これなど強烈にリアリティのある話で思わず頷いてしまう。無線連絡に40分もかかる世界はもはや地球内の出来事ではない。まさに宇宙スケールの実験である。詳細に実験内容が伝わってくるのはもう少し先のことになろうか。非常に楽しみである。日本人からも参加者が出ると更に話題性が高まりそうだ。
| 天文 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブラックホールはない?!

 巨大な重力であらゆる物質をのみ込むとされる宇宙の「ブラックホール」について、米オハイオ州の名門ケース・ウエスタン・リザーブ大の物理学者らが「存在しない」という新説をまとめた。近く物理学の一流専門誌「フィジカル・レビューD」に掲載される。

 従来の理論では、ブラックホールは非常に重い星が自らの重力で小さくつぶれることによってできる。ブラックホールに近づくと、次第に重力が強くなり、どんな物質も外へ脱出できなくなる境界面がある。ただ、境界面から物質が逃げ出すように見える現象が起き、ブラックホールが“蒸発”する可能性もあるとされていた。
-読売新聞-

 理論の中身がまだわからないので何ともいえないが、センセーショナルな話題であることだけは確か。光の脱出が不可の重力帯はおしなべて「ブラックホール」という表現をするのだろうが、それ自体が存在しないというのはどういうことなのか理論の中身が気になるところだ。科学というものは「現在考え得る仮説」でしかないため、このような新説が飛び出してくること自体はさほど驚くことではないだろう。
 ともあれ、人類が生きていくためにはブラックホール理論がどのようなものであれ、その影響はカオス的な角度での因果を抜きにすれば極めて「微小」なものであると思える。ただ、ブラックホールがないというのなら、巨大質量星の最期はどのようなモデルが想定されるのかというロマンを感じてやまないのも確かである。新説の中身が楽しみになった。
| 天文 | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) |

冥王星、またも降格?!

 昨年8月の国際天文学連合(IAU)総会で太陽系第9惑星の地位から準惑星に降格された冥王星の質量が、近年発見された準惑星「エリス」よりも小さいとの計算結果を米カリフォルニア工科大学の天文学者マイク・ブラウン教授らが発表した。
 米天文学協会が14日明らかにしたところによると、同教授らはハッブル宇宙望遠鏡などで観測したエリスの衛星ディスノミアの軌道上の動きから、エリスの質量は冥王星の1.27倍と計算。エリスの直径は冥王星よりやや大きいとされてきたが、質量も上回っていることを突き止めた。冥王星は質量の比較でも、準惑星グループのトップの座に立つことができないと判断されたわけで、「第二の降格」(ロイター通信)といわれている。
 ブラウン教授はエリスの発見者。その発見は冥王星が惑星なのかどうかの論争を巻き起こす引き金になった。
-時事通信-

 実感としてはさほどの問題でもなかった「冥王星降格」問題だったが、今度は降格先の準惑星グループでもその筆頭に立てないということになりそうだ。やはりさほどの問題とも思えない。オロオロしているのは「人間の認識」の方であって、冥王星それ自体はビクともしていない。厳然とあの不思議な軌道で自公転を繰り返しているのである。
 そもそも惑星定義ということに甚大な労力を使うのはどうも的が外れているような気がしてならない。今回のようにエリスの質量が突き止められたりすることは事実の究明として歓迎すべきことであろうが、それによって冥王星よりも上か下かなどということはつばを飛ばして熱弁するほどのことでもないように感じる。それよりも、冥王星に関してはあの公転軌道のいびつさを証明することに研究の矛先が向いていくことが望ましいのではないか。太陽系惑星の中でも際立った不可思議さを持つ天体であることは異論がないであろうから、冥王星そのもののあり方を究明するスタンスを天文学者には堅持してもらいたいと思う。
| 天文 | 16:16 | comments(6) | trackbacks(0) |

お知らせ

当ブログは携帯でも閲覧できます。http://science-watch.jugem.jp/
| お知らせ | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

ラニーニャ現象?!

 気象庁は24日、6〜8月の3カ月予報を発表した。今後1、2カ月で太平洋赤道域西部の海面水温が高くなる「ラニーニャ現象」が発生し、日本付近で太平洋高気圧が強まる見込みで、全国的に平均気温が高い傾向となる。降水量は北日本日本海側で多く、東日本太平洋側で少ないが、それ以外は平年並みの可能性が高い。
 国土交通省は同日、四国や中部で降水量が少なく、ダムの貯水量が減っているとして、2年ぶりに渇水対策本部を設置した。気象庁の予報の内訳では、東日本日本海側の8月、同太平洋側の7、8月、西日本日本海側と太平洋側の7月について、降水量が「少ない」確率が40%と、「平年並み」や「多い」の各30%を上回る。
- 時事通信 - 

 ラニーニャ現象…。普段あまり聞かない現象だが、結果として太平洋高気圧が強まる原因の現象だそうだ。世の中は人間が発見できたものだけを「〜現象」と「〜の法則」と呼ぶことになっているが、気象学はかなりカオス的な要素が強い分野である。太平洋高気圧を強める現象としてこのラニーニャ現象が挙げられているが、同時にその勢力を削ぐ何らかの現象が起きることもないわけではなかろう。「一寸先は闇」というほど科学があてにならないわけではないが、「神の目」ほど先を見通せているわけでもない。そのくらいに構えている方が科学的分析という言葉に振り回されずに済むのである。気象庁による3ヶ月予報ということだが、鵜呑みにすることなく、まずはこの「ラニーニャ現象」のその後に注目したい。

 さて、それとは別にダムの貯水量が低下して渇水が心配されるという。実際生活のうえで「渇水」という経験をしたことはないのだが、ちょっと想像するだけどもその不便さは言語に尽くしがたいのではないかとも思えてくる。ここまで交通や輸送が発展している現代において、未だに気象に多く左右されてしまう水問題に政治はいかに取り組んできたのか。水が期待できないイラクにて自衛隊はその技術で水を供給していたはずだが、そうした智慧は国内で応用できないものなのだろうか。非常に多くの分野での世界屈指の技術力を誇り、温暖湿潤気候帯にあり、四方を加えて海に囲まれている日本が水不足に悩まされるというのはどうしても奇異に思えてならない。現実問題として水の安定供給は難儀な課題なのであろうが、是非とも政治の智慧も科学の智慧も共に連帯しながら問題解決への方途を模索してもらいたいものだ。
| 科学 | 18:13 | comments(2) | trackbacks(1) |

火星に水?

 米航空宇宙局(NASA)は21日、火星の無人探査車スピリットが分析した土壌に2酸化ケイ素(シリカ)がふんだんに含まれていることが分かったと発表した。これだけの2酸化ケイ素の生成には水分が必要なため、NASAは「火星にはかつて、かなり湿気があったことを裏付ける最も強力な証拠になる」としている。
 NASAによると、スピリットが活動しているグセフ・クレーターの土壌をロボットアームに取り付けられた分光計で分析した結果分かった。
-時事通信-

 そういえば天文分野では火星への移住計画がいつも取り沙汰されているんだよなと、記事を読みながら思ったのだが、その名称が浮かばない…。それで確かこのブログで記事を書いたことがあったなと探してみると、http://science-watch.jugem.jp/?eid=7に書いていた。そうそう、その名称とは「テラフォーミング」であるとようやく合点がいったのだ。
 さて、火星に水があった有力証拠が見つかったとされるこの情報。何故か新鮮さを感じないのは私だけだろうか。木星の衛星「エウロパ」にも大量の水が存在する疑惑?!があるが、水のありかが着目されるのは、やはりそこに「生物存在」の可能性を見出すからでもあろう。今のところ地球人は地球人の尺度による「生物」を地球外で発見したことはない。それに関する半ば異常とまでも思える興味が尽きることはないであろう。
 また、水の存在は人間が住めるか否かの分岐点でもある。この先100年、200年後の単位で考えると、火星旅行や移住ということもあながち視野に入らないわけではない。そういったわけで水の存在は常に注目されるのだが、このNASA発表にどのくらい世間の注目が集まるだろうか。莫大な予算が投じられ続ける宇宙開発・研究を冷ややかに見る向きも少なくない。天文学者はそういった雰囲気の中で、何らかの結果を求められる立場でもある。今後の更なる具体的な研究成果が待たれるであろう。
| 天文 | 18:08 | comments(4) | trackbacks(0) |

これで毛の悩みは終わるか。

 毛髪は、皮膚の傷が治る過程でも自然に再生して生えてくることを、米ペンシルベニア大医学部のグループが動物実験で突き止めた。脱毛症の新たな治療法の開発につながる成果で、17日付の英科学誌ネイチャーに発表される。
 同大の伊藤真由美研究員らは、毛が生えそろった大人のマウスの背中の皮膚を1〜2平方センチほど切り取って経過を観察。表皮がふさがった時の傷が直径5ミリ以上の大きさだと、中心部から毛が生えてくることを確認した。皮膚の内部では、毛根や毛根を包む「毛包」が新たに作られていた。
 この毛包を分子生物学的な手法で調べたところ、周囲にある普通の表皮細胞からできたことが判明。いったん分化した大人の表皮細胞にも、新たな毛包を作る能力があることが確認された。また細胞増殖にかかわるたんぱく質の量を調整して、毛包の数を増減させることもできた。
- 読売新聞 -

 毛がないという悩みは当事者にとって深刻な悩みである。TVでも毛髪再生に関するコマーシャルの多さは目を引くところだ。今回の研究成果は誰も損をすることのない希望の光を感じるものだ。表皮細胞から毛包を作り出すことができるようになると、皮膚さえあれば毛が復活するということを意味することになるのだろう。まだまだ臨床に至っている状況ではなさそうだが、いち早く研究開発がなされ、世から不毛?!な悩みを撲滅する契機になってもらいたい。

 それにしても明るい。極めて明るい話題であると言ってよかろう。
| 医学 | 17:42 | comments(2) | trackbacks(0) |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM